スポンサーリンク

リアルタイム対戦のオーダーの組み方(野手編)リアタイ基礎講座

スポンサーリンク

どうも!管理人Tー藤田です!

今回はリアルタイム対戦のオーダーの組み方、考え方を紹介していきます。

リアタイは打ってナンボ! もちろんそうなんですが守備固めや代走など、「自分の形」を作ることが重要になってきます。

リアルタイム対戦で起用する野手を編成する

プロスピAのリアタイのオーダー
まずルールからおさらいすると、ランク戦では2イニングにプラスして特別延長が1イニングです。

同点で迎えた8回、両チームとも先発がまだ投げていて、お互い1番からの攻撃というシチュエーションで考えると実感が湧きやすいかなと思います。

それを踏まえてまずはスタメンのバッター9人を選びます。

リアタイ基礎講座:バッティング(打撃)オーダー編

プロスピAのリアタイの打順
リアタイで打てないとストレス溜まりますよね…

まずは攻撃面で最も大事なバッティングのオーダーです。自分の中で最も効率の良い打順を作っていきましょう!

各打順の役割とともに考察していきます。

1番から6番は打席が回ってくるので、打ちやすい選手を起用する


相手に強制リタイアさせられない限り、ヒットを1本も打てなくても6番までは回ってくるので6番まではとにかく自分の打ちやすい選手を6人ピックアップしましょう。

この選手に打席が回らないまま負けた…というのはとても悔しいパターンになります。また、上位の選手に関しては2打席目も回ってくる可能性があるのでより強力な選手を置きたいですね。

もちろん7番以降も強打の選手を置きたいですが、まずは6番までの選手をきっちり選びましょう! あ、もちろん守備位置も考慮してですよ笑

弾道がアーチスト・パワーヒッターの選手を積極的に起用しよう

プロスピAの弾道アーチスト
バッターを選ぶ際に重要なのはもちろんミートやパワーなどのステータスですが、重視したいのが弾道

特にアーチストはかなり打ちやすく、打感が軽く感じるでしょう。それでいて飛距離を出してくれるので初心者でも長打が打ちやすいですね。

1つ意見が分かれるのがラインドライブです。ラインドライブは打ちやすさに個人差が出やすいので自分に合っているかをよーく検証してみましょう。

アーチストの選手は元々ステータスも結構高いです笑

打順は打席の左右・打ちやすさや走力で総合的に判断する

オール右
ここが一番大きなポイントになりそうです。

まずは右打者が打ちやすいのか、左打者が打ちやすいのかで選ぶメンツがかなり変わってくると思います。

管理人は右の方が打ちやすいので、上位は割と右バッターで固めています。

極端なところ、全員右や全員左でもアリだと思います。

1番バッター

プロスピAのリアタイ1番バッター
1番は現実の野球に倣って走力もある選手を置いた方が良いというのは実感しています。シングルなら走れるし、相手も警戒するので速い球中心になりがちなため次のバッターは狙い球も絞りやすくなります。

2番バッター

プロスピAのリアタイ2番バッター
2番は左打者が良いと思います。理由としては進塁打を打ちやすいからです。プロスピAでは流すより引っ張る方が遥かに簡単です。1番バッターが出塁したり、あるいは2塁までいくと、最低でも進塁打にしたいですよね…そこで左バッターを起用することで一、二塁間に打ちやすくなります。

3番バッター

プロスピAのリアタイ3番バッター
3番には、代走を出したいけど守備でも使いたいから外せない選手を入れたいですね。例えば落合さんや中村紀さんは走力がDしかありませんが、守備でも使いたい選手だと思います。リアタイでいう2回は実際の野球でいう9回なので、4番で先頭打者出塁なんて時に先攻で表の場合後の守備のことを考えたら正直代走を出したくありませんよね? しかし確実に1回に回ってくる3番におけば絶対に代走に出さなきゃいけないなんてことはないのでその問題が解決します。2回は1点を争う場面も多いと思うので、代走を使ったりと全勢力で挑みましょう。

4番から6番バッター


もちろん打撃優先で、代走や守備固めであとから選手交代させられても問題ない選手の方がためらいなく代走を出すことができます。強打のレフトの選手とかであれば代走や守備固めの控え選手と交代しやすいと思います。

リアタイ基礎講座:守備編

プロスピAのリアタイ守備固め大和
お次は守備です!

リアタイでは打撃もさることながら守備もかなり重要です。

特に大事なポジションや戦略などを紹介していきます。

センターラインの守備はきっちり固めておく

プロスピAのリアタイのセンターライン
特に重要なのはセンターラインですね。

キャッチャー、セカンド、ショート、センターです。

その中でも特に大事なのがキャッチャーとセカンドかなと思います。

まずはキャッチャーですが、特に重視すべきなのが肩とスローイングです。

相手ランナーの盗塁を刺す、そして抑止力にもなります。

セカンドですが、左打者で引っ張り警戒にした場合は守備範囲がとてつもなく広くなりますし、二遊間の際どい打球もファーストでアウトにしたいですよね。プレイしていれば実感する人は多いと思いますが、ショートよりセカンドの方が守備力が求められます。

守備要員でAランク選手の起用も検討

プロスピAのリアタイでAランクの古田
守備オンリーでAランク選手を有効活用する方法もあります。

例えば多いのはキャッチャーの古田さんです。

守備適性はSランクから-5、守備3値は-3となっております。

この守備ステを見てもらうとわかる通り、Aランクでもかなり守備力が高いです。というよりAランクの古田さんより守備力が高いのは正直Sランクの古田さんだけです。

なので他にも強肩の甲斐選手であったり、内野もAランクの菊池選手や源田選手、外野に田口さんや新庄さんを起用する人もいるので、ぜひ検討してみましょう。

実際の起用方法としては8番や9番にスタメンで入れておきます。そこに代打を出す必要がありますので、必ず控えに代打要員のバッターを入れておきましょう。例えば甲斐選手のAがスタメンマスクでそこに森友哉選手を代打で出した場合そのままキャッチャーで出せますが、そうでない場合は予備のキャッチャーも必要なのでベンチに予備のキャッチャーも入れておきましょう。なるべくポジションが被っているとベンチ枠を消費しなくて済みます。菊池選手の代打浅村選手でそのままセカンドとか。

リアタイ基礎講座:走塁編

プロスピAのリアタイで盗塁する
スタメンの野手は、もちろん走力は高いに越したことはないですがまずは打撃優先です。盗塁で揺さぶるのはもちろんのこと、相手に盗塁があるかもというプレッシャーを与えることで、球種も絞りやすくなります。

ちなみに現実の野球ではほぼほぼありえないエンドランもあるので試してみてください。

事実上のスクイズに当たる、3塁ランナーを突っ込ませてミート打ちで内野ゴロを打つ。

あとはノーアウトもしくはワンナウトで一、三塁の時にファーストランナーを走らせて内野ゴロを打つとゲッツー取られずに3塁ランナーが帰ってくるので、1塁ランナーの走力次第ではかなりやりやすい作戦です(逆にやられるとクッソ腹立つので要警戒)。

代走要員も1人は用意したい

もちろん走力の高い代走は1人いるとかなり心強いです。走力はもちろんなのですが、ベンチ枠は4人分しかないので守備力も高かったり、複数ポジションを守れると有利です。

特殊能力に盗塁や走塁があると、代走要員としてはピッタリですね!

おすすめ代走要員

控え選手の選び方

プロスピAのリアタイのベンチ枠
控えの4枠をどう使うかというのも勝敗を大きく左右します。ここは当然スタメン次第ということになります。

上述のように予備のキャッチャーが必要なのか、強力な打撃力がある選手を何人置くのか、代走を誰にするかもしくは必要ないのか。等々自分のスタメンに合わせた控え選手を選ぶと良いですね!

複数守れる守備職人も重宝されます。

リアタイで便利な特殊能力


打撃では自操作のしやすい広角打法やアーチスト、延長で代打起用する選手なら金特チャンスだとミートパワーが9ずつ上昇します。代走要員の選手なら盗塁があったりすると便利です。

守備要員の守備職人なんかも嬉しいですね。

打撃だと1つ言えるのはデフォルトで発動できるかどうかという点は大きいところだと思います。例えば選球眼や流し打ちなどはどんな条件下でも発動できますが、満塁男や固め打ちなどは発動条件を考えるとリアタイではほぼ不要に近い特能になってしまいます。

リアタイのオーダー構成例



これは管理人の5月時点でのオーダーです。オールAの山田選手を1番、2番に左の柳田さんを置きます。そこからは右打者の方が好きなので右を並べ、その後ろに攻撃力も高いけど守備が魅力な選手を置きました。古田さんには代打を出すので9番です。

ベンチ枠は攻撃力の高いマッチョ吉田選手を代打枠、福本さんを代走兼外野守備。城島さんが古田さんの次のキャッチャー兼代打(ワンチャン追い込まれたら秋山さんに代打出す)。大和選手はセンターラインがAで両翼がBで3値も高く、走力は称号でAにしているので守備固め兼代走。

といった風に自分のスタメンの特徴に合わせてベンチ枠を組んでみました。例えば古田さんを使わずに最初から城島さんにすればもう1枠ベンチを空けられたりとかもできますね。

まとめさせてもらうぞ

いかがでしたでしょうか?

今回はリアルタイム対戦における基本的なオーダーの組み方、選手の選び方について説明してきました。

まだメンツが揃いきっていない方もいると思います。その場合はスピリッツが大きい選手を優先して選びましょう。相手とのスピリッツ勝負になって削られるのが一番キツいです!

ではオーダーを組んだら早速試してみましょう。そしたらまた課題が見つかるはずです!

ばあい。

タイトルとURLをコピーしました